Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>






qrcode



Box Emotions 時生 (講談社文庫) つきのふね (角川文庫)

TIME
MESSAGE
こんにちは。ゆきです。当ブログでは、コメントやトラックバックを受け付けておりますが、すべて承認制です。不適切なものは削除させていただくことがあります。また、コメント等をいただいた場合、お返事はできるかぎり早くしたいと思いますが、時間がかかることもあります。ご了承くださいm(__)m
ようこそ!ドラマ&嵐好きな学生・ゆきのブログです。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2010.07.03 Saturday | - | - |

ひさしぶりに。
15:40
やって参りました。

怪物くんも終わったし、ワールドカップも終わっちゃいましたね〜

どちらも、予想以上に楽しめました。


今日、全統高2模試が返ってきました。
一橋法はC判・・・
志望者1170人中34位でCかあ・・・と、少しショックでした(厳しい世界だ)
でもまあ微塵も受験勉強をしていないので(笑)、当然かなとも思います。
夏からは本腰入れていかなきゃなぁ〜特に数学ですね。

英語の偏差値が84.5という有り得ない数字に。
これがプレステージだったらいいのにー

試験会場の席が窓際で、雨が降っていたのでオーラルは終わってました(言い訳の極み)

| 2010.07.03 Saturday | 日常のあれこれ | comments(0) |

2010年冬ドラマ感想
12:01

曲げられない女

全体的に、ひっじょうに面白かったです。
主役三人がもう最高で。
ただねぇ・・永作さんのご懐妊、という事情があるのも解るんだけど、
璃子と藍田がくっついちゃったのはなぁ・・・
まぁ、有り得ない話でもないし、いっか。
サキも弁護士になれたことですし、灯ちゃんもサキと正登を混ぜたみたいに育って(笑)、
めでたし・めでたしですな!

特上カバチ!!

視聴者の意見が反映されたようで、
後半に行くにつれてどんどんCGもテロップも減っていきましたね。
最終回なんてほぼ使われてなかったのに、そっちのほうが解りやすいっていう・・(汗)
全体としては、中々の面白さだったはずですが・・何だろう・・
.織爛蘚槎弔蠅垢△甘垤膽腟繊△瞭鹽世目立ってましたね。
まさか田村が補助者のまんま終わるとは思いませんでした(滝汗)
美寿々の元夫も出てこないし。。
堀北さんは結構好きなのですが、美寿々はとっても良かったですね。
デキる女だけど可愛い一面もあって。素敵でした。


| 2010.03.27 Saturday | 2010年1月クールドラマ | comments(34) |

神戸新聞の七日間
00:24
阪神・淡路大震災から十五年。

当時私は1才でした。
母は、猛烈な揺れに飛び起きたそうです。
当時住んでいた大阪の震度はわずかに「4」。
それでも母は、「もうダメ、死ぬ」と思ったのだとか・・。
神戸の被災された方々の味わわれた恐怖は、はかり知ることができません。

お母さんの骨を拾っている少年の姿を、
「すいません・・すいません」と泣きながら撮影する記者。
写真を撮るのが怖い、傍観者でいるのが辛い・・と苦しむ記者。
苦しんでいる人を撮って何になるのか、撮られたほうの気持ちはどうなるのか・・
それでも、自分たちは新聞を出し続けなければならない。
新聞を待つ人々に希望を届けなければならない・・
そんな記者たちの葛藤がぶつかりあった場面は、ぐっと心にくるものがありました。

被災の悲しみ、痛み。
そして、被災したからこそ芽生えた助け合いや希望。
それを伝えていかなければならない・・
そんな記者たちの熱い魂や信念を感じました。

それにしても関西弁はNGな人が多かったですね・・
何なんかな、関西人はもっとサラッと「あほか」て言うんです。
あんな決め台詞ちっくに言わないんですよね。
ま、細かい部分はドラマが素敵だったのでヨシとします(笑)

| 2010.01.17 Sunday | SP・単発ドラマ | comments(0) |

最後の約束
15:46


あまり前向きなことは書かないので、悪しからず・・・

感想は、「続く」にしときますね〜


続きを読む >>
| 2010.01.10 Sunday | SP・単発ドラマ | comments(0) |

明けまして!
16:16
おめでとうございます。

紅白もカウコンもばっちり見ましたよ〜
衣裳替えにびっくりしました。

ネプリーグ、楽しみですね。

短いですが、携帯なのでこれにて。

| 2010.01.01 Friday | 日常のあれこれ | comments(0) |

いつのまにか・・・
20:12

時は流れ。

ブログを放置し。
期末テストが終わり。

ドラマ・カバチが発表され。

マイガールの最終回のバスんとこで大泣きし。
サムライ・ハイスクールが終わり。
JIN-仁-がクライマックスとなり。

FNS感謝祭が不完全燃焼し(笑)
嵐ちゃんに釈さん吹石さん相武さんがいらっしゃり。

雨の中で走っていて転んで怪我をし。(ドジ)

昨日のめざまし&今朝のズームを録り忘れ。(ドジ)


が。しかし。
恥ずかしくはないんだ(おい)



***


昨日のベストアーティスト。
櫻井さん頑張ってましたね。
しかも嵐さん5曲も!年末の歌番組でこの扱いは、非常にいいですね。
いきなりBelieve(ほんとにいきなり)は想定の範囲内でしたけど、Truthにはびっくりしました。
久しぶりにテレビでダンスを見た気がします。

か、しかし。(笑)
全国のコブクロファンの皆様に、大変申し訳ないことが起こりましたね・・(汗)
でもラスト、時間内にきっちりまとめたのは、「よくやった!」と思いましたね。

それにしても”来年も新たなベストアーティストの登場をキネンして・・”のキネンは、
なるほど「祈念」だったんですね。
一瞬「え、記念?どゆこと?」と思ってしまった私は国語力不足・・(汗)


***


櫻井さん、本日はMen of the year 2009の授賞式だったみたいですね・・
いやはや、働きづくめですね〜。連ドラも控えているというのに。
明るいドラマ好きなので、カバチとっても楽しみです。
スポットでは「新人(ざっくりしてますな〜)」の櫻井さんが「リストラ」の文字を殴り壊してましたね。
スベんないといいな・・(笑)
そうそう、カバチと言えば、明日の嵐ちゃんは堀北真希さんが登場ですね。
何気にファンなので楽しみです!

最後の約束、まだ撮り終えていないそうですね。
主題歌は嵐の「空高く」らしいですけど・・タイトルから考察するにバラードかな?

カバチの曲も、JIN後のスポットでちらっと聴けましたね。
「Are you ready? ばんばんばばんば〜ん♪(聞き取れない)」みたいなノリのいい曲(笑)
明るい曲も好きなので、嬉しいです!


| 2009.12.16 Wednesday | 櫻井さん | comments(0) |

大野さんおめでとう!
08:29
大野さん、29才の誕生日おめでとうございます。

いつも楽しい時間を私達にくれて、ありがとうございます。

今までも、そしてこれからも。

健康に気をつけて、どうかいいお仕事を。

心より応援しています!

| 2009.11.26 Thursday | 大野さん | comments(0) |

JIN -仁- #07
09:13

孤独ではなかった。
得体も知れない自分を助け、支えてくれた人がいたから・・

涙、涙の回でした。
洪庵先生が亡くなってしまった・・。
最後まで仁のために最善を尽くし、命を削ってくれた人でしたね。
鉄矢さん!初回でちょっと違和感あるなんて思ってごめんなさーい!
最高でしたよ・・(涙)
そのシーンは大沢さんも良かったですね。
画面の中の二人は涙をこらえてるのに、見てるこっちは大号泣ですよ。(笑)

やはり医学所の輩による放火でペニシリン製造所が燃えてしまった。。
当時から(しかも当時で7代目)続くヤマサ醤油大活躍。
なんとかペニシリンの株を持ち出した純庵どのに近づく黒い影・・
最初、また刺客?と思ったんですが、ヤマサの人だったみたいですね。良かった!
前回で視聴者(私)が「刺客恐怖症」になってんのを見越しての演出でしょうか?ニクいっすね〜。(笑)
まあ「山田純庵どのですか」って聞くぐらいですからね。

今回の咲は、要所要所で良かったです。
ペニシリンが燃えた!と聞いて手術中に焦ってしまった仁の汗を、ガーゼでそっと拭いてあげ、
「今日は蒸しますね、先生(にっこり)」ってー!なんじゃその落ち着きはー!(笑)
前回術中にテンパっちゃったのが嘘のよう。咲ちゃんの成長の速さには驚かされます。

それにしても、このドラマの脚本は本当に好きです。
坂本龍馬の名言「わしは日本を今一度洗濯するぜよ!」を、仁への手紙の中に入れちゃった!
それに、その手紙の「友」をとって診療所の名前を『仁友堂』とするとは、なかなかやりますねぇ〜!


十円玉の件ですが、あの丘に時空の穴が開いてるってことでしょうか?
予告前の瓶入りホルマリン君がどんどんズームアップしてきたのも、そろそろ気になりますね。
最後はまた眼を開くんでしょうか?
イヤー!(笑)


| 2009.11.23 Monday | 2009年10月クールドラマ | comments(0) |

10月期・秋ドラマ感想(随時追加)
16:59
最近のUp date
・・「サムライ・ハイスクール #05 #06」
・・「JIN #06」
・・「リアル・クローズ #05 #06」


リアル・クローズ

01
香里奈さんのダサイ格好にビックリ。こんな冴えない感じになれるんですね・・
話のほうは、なかなか面白かったです。
主人公の痛快キャラが好み。私もダサいのでインスピレーションを感じますし(笑)
花男の滋ちゃん@加藤夏希ちゃんも出演してますね。
絹恵ちゃんには、これからどんどんオシャレになってもらいたい!

02
佐々木凌(加藤夏希)メインの回。
前の職場ではあんなにハキハキしてたのに、あんなことがあってから人形みたいになっちゃったんですね・・・
絹恵が変わっていくにつれ、だんだん凌の表情も柔らかくなっていったのは、とてもよかった。
ただ・・・凌のセリフ「洋服が似合うのは、BMI20以下です!!」っていうのが頭に響く・・
これ以上は太れないなぁ・・(汗)

03
仕事に私情は持ち込んじゃいけない。
わかっているつもりでも、つい・・ってこともありますよね。
ゲストの片平なぎささん、良かったです。経験と自信に満ちた女性!って感じで。
あと、絹恵の恋人クンがいい人すぎる・・!
「何で来なかったんだよ!」とか怒らずに、応援してくれる。素敵!
一度はアシスタントをクビになった絹恵だけど、最後はマネージャー試験を受けることを決めました。
髪の毛が・・茶色すぎないかい?(笑)
黒髪だと絹恵って感じだけど、茶髪になっては完全に「香里奈さん」ですよね・・
ま、次回も楽しみです!

04
達也(高岡蒼甫)の父親が亡くなってしまいました。で、達也。
「実家の会社を手伝う。一緒に来てほしい。無理だったら別れる」って。
何それ!今まで我慢してたからってさ・・絹恵には選択の余地なし?
ちょっとは彼女の仕事も考慮しろってなもんですよ!
なのに絹恵ちゃんはOKしちゃいました(滝汗)
「ひとりぼっちは嫌」
まぁ、それもわかるんだけど、うーん・・
案の定、次回は故郷の同級生?の登場によって、二人の雲行きが怪しくなっちゃいそうです・・
なんだかなぁ・・

05
達也ねぇ・・
「応援してきたのはウソだった」
「最後の仕事ぐらい適当にしろよ」って、最低男にも程があります!
どんだけ自分本位な彼氏やねん!
恋愛部分は面白くないので、次回からはもっとお仕事部分を見せてほしいっす。
なのにまだ引っ張るかよ・・

06
自分から別れを切り出しといて、絹恵もウジウジしてるなぁ・・
いまさらヨリ戻そうなんてねぇ・・
達也も達也で、ちゃっかり晴美とカポーになっちゃってるし!
もう知らんしぃ!(笑)
ってなわけで、絹恵吹っ切れて復活。
ダサい世界に舞い戻ってたのが、またもとのキラキラした絹恵に!
ここからはかなり爽快な流れでしたね。
うん、とりあえず達也パートが終わって良かった!(笑)


マイガール

02
私みたいなせっかち人間は、こういうゆったり系な展開がダメなのかもしれない・・。
確かにいい話ではあるんだけど・・・
コハルちゃんは可愛いし、ハッとさせられる場面もなくはないんだけど・・
うーん。うーーん。
嵐ファンを名乗る上で有り得ないのかもしれませんが、リタイアする可能性が高いことは事実ですわ・・
テンポの遅いドラマは見てて苦痛になっちゃうんです。

03〜
視聴せず


サムライ・ハイスクール

01
面白いです。土9の王道って感じ。
欲を言えば、コメディーパートがもちょっと笑えたらいいなぁ。
管野さんのメインテーマは良い曲ですけど、闘いのシーンには合ってなくて浮いてた気がしました。
小林涼子ちゃんにはもっと目立ってもらいたいなぁ。

02
初回より面白かった!
やっぱり普通君とサムライ君は代わりばんこに乗り移るんですね。
サムライパートが長いと楽しい!三浦君の演技力、改めて見せつけられた気分ですわ〜
「かたじけない」(教室で)
「夜具もある」(体育館でマット見て)
「戦に場外もくそもあるか」
「なんじゃその踊りは」
小太郎様の名言が続出ですね〜。来週も楽しみです。

03
ぬーん・・・車に追いつくとか、あり得なさ過ぎて引いちゃいました。
最初のネットがらみのエピは中学生日記みたいな流れでしたねぇ。
あい(杏)の悪口を最初に書き込んだのは、百合香(小林涼子)だったってオチ。
一番近い友達だからこそ、嫉妬しちゃう・・ちょっとだけ気持はわかります。
でも、やっちゃいかん。
さっぱり仲直りしたあいは偉いと思いました。

04
不登校生・小清水(濱田岳)を説得する回。
顔見るや否や小太郎にバケツの水(なぜそこに)をぶっかけるヤな子・小清水(笑)
剛(城田優)がお父さんの話をして説得する場面、思わず泣いちゃった。
それでも自殺しようとする小清水を、フェンスを乗り越えて助けに行こうとする小太郎!
成長してんじゃーん!
まぁ、頑張らなきゃサムライに乗っ取られるかも・・という気持ちもあったかもしれないけど、
確実に成長を遂げてますね。
まぁ、やっぱりカッコいいのはサムライ君だけどね。(笑)

05
覚えのない罪でいきなり逮捕される小太郎と剛。
サムライ君の出番、1分!(笑)
真犯人を倒してめでたしめでたし・・かと思ったら、そいつの父親が権力者で!
おとがめなしで釈放って何だかなぁ・・
でも、校長(室井滋)は許しませんでした!ここはかなり意外な流れ。
校長先生、意外といい人なんでしょうか?

06
父上殿のリストラ。
もともと大学受験に消極的だった小太郎、これを言い訳に「就職する」と言い出して・・
その一方で、サムライに変身して父を説得。
「死ねええぇ???」と言いながら変身する場面、かなり笑えました。
不正に解雇された父に、「筋を通されよ」と決闘の申し込み!
でも、それを言うなら自分も筋を通せっていうことになるわけで・・
最後は、受験から逃げないと決意いたしましたね。
父上殿も「自分は間違ってない」と会社に言ってきたそうで・・
仕事に復帰できるわけではないけど、自分なりに筋を通すことができたようですね。
それにしても最後の黒い集団は何?
そろそろサムライ問題の根幹に迫っていきそうですね。


JIN -仁-

01
これは面白い!!
ドラマ見ててこんなにワクワクしたの・・『魔王』以来かも!
嬉しいです。見て良かったです。
TBSはたまにすんごい当たりを出しますね!

02
一話より時間が短いので、よりスピード感が出ていて・・いいですわぁ。
20分ぐらいで終わったように感じました。

03、04は別エントリに感想を書きました。

05
「できないって言葉、嫌いなんです。それだけです」
未来の言葉と通ずるものがあったなぁ・・野風の態度。
仁が「直せない」と言ったとたん、扱い急変!(笑)
末期の梅毒患者・夕霧(高岡早紀)のためにペニシリンを開発!
しかし、時すでに遅く、夕霧姉さんは亡くなってしまいました・・
でも、せめて笑って逝けただけでも、ペニシリンを作った意義はあったのではないだろうか?
「死も救いなんですよね。医者が言ったらおしまいですが」
うーん。深いっす。
仁から未来のことを話してもらえて、咲もすっきりしたでしょうね。
そういえば、咲ちゃんは「チャンス」の意味がわかったのだろうか?(笑)

06
仁に送られた刺客・・
さて、絶対多紀らの仕業だぁ!と思わせといて医学所内の輩が犯人でしたね。
ヤツが刀ちらつかせるたびに、こっちは「ひぃぃ!」でしたわ(笑)
野風は刺客の存在を知って、助けに行きたい、でも吉原からは出られない・・
「あなたにすがるしかありんせん」と咲に手紙を出します。
「私は大門から一歩も出られない籠の鳥」って、切ないっす・・
でも、よく考えたら、咲も一緒に死んでいたかもしれないですね。
仕方ないとはいえ無責任な手紙ですね(笑)
でも、結果として仁は助かったわけで・・
素直に「お礼なら野風さんに」という咲、いい子です。
さぁ、医学所内にはまだ問題が山積!
それなのに仁は、佐分利の腑分け(悪いことじゃないんだけど)の責任をとって辞めちゃいました・・
しかも、洪庵先生は結核のようで・・大変だ・・
しかも次回、ペニシリン製造所から火の手が!
これも医学所のほにゃららによる放火かなぁ。恐ろしや・・(汗)

| 2009.11.22 Sunday | 2009年10月クールドラマ | comments(2) |

[SPドラマ]バッピーバースデー
11:14


この原作は5年くらい前に読みました。
原作では泣きはしなかったけど、何度も何度も読み返した覚えがあります。
でもドラマになったら泣けましたねぇ・・
何回泣いたらええねん!って感じでした。(笑)

木村佳乃さんがばっちりハマってました。
後半、静代さんが泣く場面ではほとんど一緒に涙が・・。

大橋のぞみちゃんも可愛かったです。
あすかのお兄ちゃん役の男の子が、ちょこっと演技が拙くて残念・・それでも愛嬌があって良かったです。

エピソードはかなりはしょってますけど、二時間にするには丁度いいかな?
静代さんの同僚の女の人が原作でいうあすかの担任の先生+新しいキャラの組み合わせでした。
同じように親のネグレクトで苦しんでたから、アザを見ただけで事の端末を理解できたってわけね・・

で、担任の先生は爆笑問題の田中さん(友情出演)になってました。(笑)
田中さんもなかなか良かったです。
ただ自宅訪問&説教はちょい唐突でしたけど・・(汗)

「ののじい」という草笛のおじいちゃんも新キャラでしたねぇ。
お父さんの会社でのエピも追加されてたし・・
かなり原作とは違った展開にしてきましたけど、不要な登場人物が全くいなくて・・
やっぱりまとまったお話になっているなぁ、と思いました。

実家に静代が帰ってきたのは二回。
一回目と二回目、全然違う空気が流れてましたねぇ・・
親と子の誤解が解けて、許しあう素晴らしさを感じました。

忙しい、疲れた、いまそんな場合じゃない・・
そんな風に日々を過ごして、なにか大切なものを忘れていませんか?
うーん。考えさせられるなぁ・・
とにかく泣いちった・・(笑)


| 2009.11.22 Sunday | SP・単発ドラマ | comments(0) |