Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>






qrcode



Box Emotions 時生 (講談社文庫) つきのふね (角川文庫)

TIME
MESSAGE
こんにちは。ゆきです。当ブログでは、コメントやトラックバックを受け付けておりますが、すべて承認制です。不適切なものは削除させていただくことがあります。また、コメント等をいただいた場合、お返事はできるかぎり早くしたいと思いますが、時間がかかることもあります。ご了承くださいm(__)m
ようこそ!ドラマ&嵐好きな学生・ゆきのブログです。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2010.07.03 Saturday | - | - |

トキオ 〜父への伝言〜
23:36
評価:
東野圭吾,福田靖
NHKエンタープライズ
¥ 7,818
(2005-04-22)

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

2004年、NHKのよるドラ枠で放送された
「トキオ 父への伝言」のDVDを見終えました〜。 
これには櫻井さんがトキオ役で出演しています。
見終えたあと、スピッツの「楓」を聴くと尚更グッドです。(何)
あってるんですよー。これが主題歌であったら良かったのに。

東野圭吾さんの原作「時生」を読んだときは、本当に胸がちぎれそうなぐらい感動しまして、2か月ぐらい物語の世界から抜け出せませんでした。
メルヘンな子です(笑)

やっぱり、原作の方が好きですわ、これはどうしても。
小説っていうのは「セリフ棒読み」というのが存在しないですからね。
登場人物がどのようなクサイ台詞を言っても(限度がありますけど)、
読み手は頭の中で読み手なりのベストな言い方や声に翻訳しちゃってるわけです。
この話は現実離れしていますから、セリフも「普通そんなこと言わんわ!」っていうのがようさん出てくるわけです。
だから、役者さんの言葉がひとつひとつ不自然に聞こえちゃったり、棒読みに聞こえちゃったり…。彼らの演技の力量もあると思いますが。
あと、関西弁ってね、東京の人がしゃべるとものっそい不自然になっちゃうんです…。
(元大阪府民なので関西弁には厳しいのです)
竹美さんの関西弁は、何ともいえない「うー」っていう気持ちで聞いてました。(汗)

原作からの大きな変更点について。

●黒人キャラがいない
 超ショック!これは何とかなっただろうに…。
●トンネルのアレがない
 クライマックスなのにーーー!!
 まあ、無理だな、そらそうだ…火事もCGでなんとかって感じだったし。
●トキオが一人で感情をあらわにするシーンがある
 櫻井さん…今はうまくなりましたね。泣き演技。
●トキオの手製電話にまつわるエピ追加
 これには「ほーう!」って感じでした。あの機具、やたら強調してて何かな?と思ってたので。

原作のほうが好き、ってだけで、このドラマもだいぶ良かったですし泣けました!
ポロッとはいかなかったけど、随所でうるうるできますし。
最終話エンドロール終わりで二人の笑顔がうつるとこ、トキオと拓実が酒を飲み交わすとこ、トキオを失って拓実が泣くとこ、など。

役者さんでいいますと…。
しょーもないヤクザ役の佐藤二朗さんなんて最高!超いい味出してますよー。
国分太一さんね、時々気になりましたけど、なかなかうまいと思います。
櫻井さんは、前半はそれはもう超棒読み(これでもファンでございます)。
でもけっこう頑張ってましたよ。トキオっぽい雰囲気はそれなりに醸し出してました。
後半に行くにつれて演技良くなってきた気がします。
主役の二人は、キャッチボールのシーンでの表情が良かったです。
イシハラは最後ただのおじいちゃんに・・・(爆笑)このキャラも良かったなぁ。

このドラマで一番残念だったのは、15分で切れてしまうということ。DVDでもけっこうイライラしますので、これからご覧になる方はお気を付けください(笑)
これはやっぱり普通の連ドラみたいに45〜50分でみっちり見たかった。
物語において省略部分もかなり多かったので、もったいないなぁと思いました。
トンネルのアレ、やってほしかったなぁ〜(執着)

ま。
最終的に、なかなか満足しましたよ〜(笑)

| 2009.09.19 Saturday | 過去のドラマ | comments(0) |