Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>






qrcode



Box Emotions 時生 (講談社文庫) つきのふね (角川文庫)

TIME
MESSAGE
こんにちは。ゆきです。当ブログでは、コメントやトラックバックを受け付けておりますが、すべて承認制です。不適切なものは削除させていただくことがあります。また、コメント等をいただいた場合、お返事はできるかぎり早くしたいと思いますが、時間がかかることもあります。ご了承くださいm(__)m
ようこそ!ドラマ&嵐好きな学生・ゆきのブログです。
<< つたんかーめん&はねトび | main | 三重高校!! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2010.07.03 Saturday | - | - |

変身
17:14
評価:
東野 圭吾
講談社
¥ 620
(1994-06)


東野圭吾の文庫本、読破キャンペーン実施中!(私の中で)


こちらも満足ですけど…。
ちょっと、怖い描写が多くて…
そういうのが苦手な方は読まれないほうがいいかと。

最後は、ちょっとだけ救いがありました。
でも私は基本「感動」はできずに、怖さだけが残ってしまいました。
人格の変化が早い段階から出すぎ、とも思いました。
この物語は何をいいたかったんだろう…。
単に、京極が極悪人で純一はいい人で、純一がかわいそうだわ!っていう話ではありませんよね。
医学の奥に潜む怖さか、それとも「本当の自分自身はいつもそばにいる」ということなのか…。

最後に、私としては一番納得できなかった所がありまして。
純一が、最後まで一人称を「僕」に戻さなかったっていうのが、どうにも…。
考えようにもよると思いますけどね。
あのままでは、最後までずっと京極の影が消えなかったように感じて。
でも、最終的な決断は純一本人のものだと信じたいです

小説全体でいうと…
スピード感もあるし、読み応えもあります
でも『時生』には敵わないかな・・・。
基本、感動物語が好きなんですよね
私の好みなんですけど。
だから、次は『秘密』を読んでみようと思います

あ、この小説、男性にはもっとウケるかもしれません


| 2009.08.13 Thursday | 小説 | comments(0) |

スポンサーサイト

| 2010.07.03 Saturday | - | - |
Comment